結婚式は大丈夫?意外と知らない喪中マナー

掲載日:2015/10/21

自身が結婚式を控えている時、身内に不幸があった。。。こんな場合、このまま結婚式を行ってよいのだろうか、、、迷ってしまうと思います。実は、意外と知ってそうで知らない喪中時の結婚式マナー。今回は、喪中の際の結婚式についてご紹介します。

結婚式は大丈夫?意外と知らない喪中マナー

◆自身が結婚式を挙げる時

これはもちろん、喪中期間が終わった後に延期した方がよいでしょう。喪中とは亡くなった方を偲ぶ期間のことを言い、お祝い事は避けなければなりません。
しかし、すでに日程が決まっている場合などは、故人が楽しみにしていた思いもあるでしょうし、供養として開催するのもありだとは思います。故人の気持ちを尊重し、行うかどうかを決めるのが良いでしょう。

◆相手から招待状が届いた場合

こちらも断ることが基本ですが、最近では忌明け後は出席してもよいという事例も出てきました。
忌明けとは、亡くなってからの四十九日間(忌中)のことを言い、これが明ければ相手の祝い事には参加しても大丈夫、ということです。
ご自身も気持ちの整理ができて、出席してもいいという気持ちになれたら、出席してみてはいかがでしょうか?

やはり出席するのは…、と思う方は、欠席理由を「やむを得ない事情のため」などとし、幸せなひと時を過ごしている相手に喪中ということを知らせないよう、気遣いをしてあげるのがマナーだと言われています。

◆相手が喪中と知っていて、結婚式に招待する際

この人にスピーチを頼みたかったけど不慮の事故で…、というケースもあるでしょう。先ほどご紹介しましたが、相手も忌明けであれば出席することができます。ですが、無理して来てもらうわけにもいきませんから、招待する前に一言声をかけてみた方がよいでしょう。

いかがでしたか?あくまでも喪中はお祝い事は避ける、ということを忘れずに、結婚式で新たな一歩を踏み出してください。

【関連サービス】
★アマゾンでも販売中!暑中見舞い、オリジナル封筒、挨拶状!

▼オリジナルデザイン封筒を作る
両面フルカラー印刷対応。自分で作ったデザインをアップロードして世界に一つだけの封筒を
▼封筒に直接宛名印刷!発送作業の手間を大幅に軽減!
タックシール作り&ラベル貼りにさらば。封筒に直接宛名印刷で、発送作業を簡略化&丁寧に
▼[事例紹介]アイドル封筒でミラクル自己PR術!
手渡しのコミュニケーションツールでファン拡大。グッズ的価値も。活動の幅を広げる封筒
▼用途から選んで作る
デザインを作るのが難しい人に、プロのデザイナーが用途をイメージしてデザインを作成


つながるプリント.com amazonストア