封筒の「色」と「材質」についてのお話し

掲載日:2015/06/24

つながるプリント.comの封筒「色」と「材質」について

「色」と「材質」についてのお話しです。

今回は、つながるプリント.comで取り扱っている封筒の「色」と「材質」についてのお話しです。

色や材質についてお話しする前に、まず封筒を作っている会社「封筒のメーカー」について、少し触れておきますね。つながるプリント.comは印刷サービスなので、印刷するのが仕事です。かんたんに言えば印刷屋さんですね。印刷屋さんは、印刷する紙や封筒などの料材を仕入れて、その材料に印刷をします。封筒なら封筒のメーカーから、既成品を仕入れて印刷しているんです。封筒の代表的なメーカーは「イムラ」「キング」「ハート」「ハグルマ」「ムトウユニパック」「山櫻(やまざくら)」(あいうえお順)など数社あります(封筒に関わりや関心がある方は、聞き覚えがある社名があるんじゃないでしょうか?)。

封筒メーカー各社は、それぞれに色や材質、加工などを創意工夫した封筒を、既成品として販売しています。おもしろいのは、封筒の同じ部分や、同じような機能について、各社で呼び名が違ったりするところです(このあたりの話しは、また別の機会にお話ししたいと思います)。

◆取り扱っている封筒メーカーは…

さて、つながるプリント.comは、封筒メーカーのひとつ、ムトウユニパックの封筒を仕入れています。ムトウユニパックは、封筒販売66年の実績あるメーカーで、封筒に関して、私も教わることが多くあります(もっと封筒について知りたいと思ったら、是非ムトウさんのホームページを訪れてみてください。勉強になりますよ)。つながるプリント.comでは、その、ムトウユニパックの販売している封筒の中から、「ホワイト」「ブルー」「グリーン」「ピンク」「クラフト」「シークレット」の7種類の封筒を仕入れてご提供しています(注:洋長3は「クラフト」の設定はありません)。

「ホワイト」「ブルー」「グリーン」「ピンク」は、そのまま封筒の色(封筒の紙の色)です。
材質は、表面がなめらかで、印刷の仕上がりもきれいな紙を使っています。つながるプリント.comのサービス「フルカラー印刷」に適した材質となっています。

「ホワイト」「ブルー」、、、は解りやすいのですが、それでは「クラフト」ってどんな封筒だと思いますか? 色のこと? それとも材質のことでしょうか? えと、「クラフト」は、色や材質ではなく、製造方法から命名されており、一般的には「茶封筒」と呼ばれ親しまれている定番封筒です。強度を落とさないため漂白を行っていないので「丈夫」という特徴があります。紙が持つ、もともとの風合いを活かしたい。そんなデザインの場合に選んでいただきたい封筒です。

つながるプリント.comは、フルカラー印刷を得意とするサービスですので、カラー印刷の仕上がりを重視した定番の色や材質のセレクトになっています。ムトウユニパックをはじめ、封筒メーカー各社さまの販売している封筒は、色も材質もまだまだたくさんあります。つながるプリント.comで取り扱っている封筒は一部にすぎません。「この色があったらいいな」とか「こんな紙質のものない?」など、リクエストがありましたら、どしどしお問合わせくださいね!

そうそう、「シークレット」については、次回「透けない封筒」で、詳しくお話ししたいと思います。



【関連サービス】
▼オリジナルデザイン封筒を作る
両面フルカラー印刷対応。自分で作ったデザインをアップロードして世界に一つだけの封筒を
▼封筒に直接宛名印刷!発送作業の手間を大幅に軽減!
タックシール作り&ラベル貼りにさらば。封筒に直接宛名印刷で、発送作業を簡略化&丁寧に
▼[事例紹介]アイドル封筒でミラクル自己PR術!
手渡しのコミュニケーションツールでファン拡大。グッズ的価値も。活動の幅を広げる封筒
▼用途から選んで作る
デザインを作るのが難しい人に、プロのデザイナーが用途をイメージしてデザインを作成


つながるプリント.com amazonストア