文字編:封筒デザイン指南

掲載日:2015/07/06

文字編:封筒デザイン指南

封筒印刷を請け負っている「つながるプリント.com」では、印刷する封筒のデザインを自らパソコンの注文画面で編集することができます。使い勝手がよく、誰でも簡単に、よりオリジナリティのある封筒印刷を楽しむことができます。
手を加えられるからには、より効果的な封筒印刷を行うことが必要です。今回は、その中でも「文字」について、ちょっとしたデザインテクニックをまとめてみました。

「私にはデザインなんて無理」

そんなこと仰らないでくださいね!
こりはじめると、寝るのを忘れて没頭してしまうほど楽しいのがデザインの世界。
その悦びを皆さんにも共有してもらいたいと思います。

◆見出しや小見出しは目立つように

わかりやすく実例を交えて解説しますね。

例えば、

つながるプリント(小見出し)
文字
デザイン

といったように、つながるプリントの封筒印刷においては文章を決めて印刷することができます。

この時、1番上の「つながるプリント」の部分を小見出しの立ち位置にしたい場合、下2列の文章と同じ文字組み・文字サイズだと分かりにくくなります。
これを解消する方法としては「見出し・小見出し部分は他の文字と差別化する」のがおススメです。

例えば、見出しの文章を大きくするといった方法は分かりやすいですね。小見出しの場合は太字にすると効果的ですし、大見出しと小見出しの差別化も可能です。色を変えるのも効果的です。

このように視覚に訴えかけることで、効果的に見出しの文章を理解してもらえます。 つながるプリントでは文字のサイズや色だけでなく、フォントの変更も可能です。
しかも、ワードをいじる感覚で作業ができますので、直感的にデザインを楽しむことができます。

◆文字は原則左揃え

つながるプリントの編集画面では、文字の揃えを指定することができますし、自分でカーソルを移動させて文字の配置を決めることができます。
横向きの文字列の場合、基本的に「左揃え」で行いましょう。文章の頭を揃えていないと、文章のスタート位置がバラバラになります。

例えば、

つながるプリントは封筒印刷です。
          自らデザインを編集することができます。
     オリジナリティあふれる封筒を作れますね。
               是非とも利用してもらいたいです。

こんな文章は読みづらくて仕方ありません。今回は4行ですが、何十行の文章で構成される場合、行の始まりが固定されていないのは見栄えが悪すぎます。
また、段落を認識してもらう方法として「1文字空ける」というテクニックがありますが、文章の頭が揃っていなければ意味がありません。
左から読み始める文章は、左揃えであることが重要です。

◆通常の文書でも活用できる

これらのテクニックは、何も封筒印刷でしか利用できないわけではありません。通常の文書等でも活用できるテクニックであり、より見やすくて高品質な文書の作成に役立つ方法です。
ちょっとしたテクニックではありますが、知っているのと知らないのでは、出来上がってきた封筒の見栄えに天と地ほどの差が出てきます。
ぜひ皆さんもトライをしてみてくださいね。



【関連サービス】
▼オリジナルデザイン封筒を作る
両面フルカラー印刷対応。自分で作ったデザインをアップロードして世界に一つだけの封筒を
▼封筒に直接宛名印刷!発送作業の手間を大幅に軽減!
タックシール作り&ラベル貼りにさらば。封筒に直接宛名印刷で、発送作業を簡略化&丁寧に
▼[事例紹介]アイドル封筒でミラクル自己PR術!
手渡しのコミュニケーションツールでファン拡大。グッズ的価値も。活動の幅を広げる封筒
▼用途から選んで作る
デザインを作るのが難しい人に、プロのデザイナーが用途をイメージしてデザインを作成


つながるプリント.com amazonストア