角2封筒の大きさを一言で説明しよう

掲載日:2015/06/08

「角形(カクガタ)封筒は大きい」という印象を持つ人は多いでしょう。確かにデカいです。。。

その中でも特に使用頻度の多い「角2封筒」は、縦332mm×横240mmという大きさになります。と言われても、なんだかピンと来ない人が多いのではないでしょうか
そこで、角2封筒のサイズについて、「何が入るのか」「どれくらい入るのか」といったあたりを検証してみたいと思います。

角2封筒の大きさを一言で説明しよう

◆使用頻度が多いのは「A4サイズの契約書」

まず、角2封筒の使用目的で最も多いのは「A4サイズの契約書を入れる」という目的です。これはまさに角2封筒にとって、「よし、俺の出番だな」というところ。その他、ビジネス文書、法務文書、公文書など、畏まった書類は大体が「折ることができないA4」でやりとりされます。

A4サイズの紙は縦297mm×横210mmですから、角2封筒にはジャストフィットなサイズ。
まさに角2の独壇場。

当然、契約書は折らずに渡すのが普通であり、そのために大きな角2封筒が使われるのです。

一回り小さな「角3封筒」は縦277mm×横216mmであり、縦の長さが足りません。そのため、A4サイズの紙を折らずに出し入れしたい場合には角2封筒が使われるのです。

◆角2封筒にA4の紙は何枚入るのか、実際に試してみた。

縦横ともにA4サイズの紙を上回る角2封筒ですが、封筒は基本的に幅がないので入れられる枚数には限度があります。

実際に試してみたところ、(ものによって差はあると思いますが)約250枚ほど入りました。意外です。結構入りました。
とは言え、あくまでも「入れることができただけ」であり、保存、運搬、出し入れの観点からは利便性の悪さを感じます。「かろうじて中に納まっている」という表現の方が正しいでしょうか。
ともあれ、100枚くらいであれば普通に運用することができるのではないでしょうか。 結構な大食いにも耐えられます。

◆他にはどんな用途が?

同じようなサイズでは、B5サイズの紙であれば同じように入れることができます、逆に、A3およびB4になると、折らずに角2封筒に入れることはできません。
縦横1回ずつ折るのであれば、A判ならA2まで、B判ならB3まで入れることができます。

ノートであれば、A4サイズやB5サイズの30枚閉じのノートが3冊ほどでしたら無理なく入れることができます。同じ分野のノートをまとめておくことができ、ケースと異なり中の冊数(枚数)に応じて幅が変わるので保管もしやすいです。

◆A4クリアファイルは入るのか?

同じく「紙を入れる」という用途を持つ「クリアファイル」は、その特性上「A4の紙より一回り大きなサイズ」となっています。
しかし、そのサイズは縦310mm×横220mmであり、角2封筒に入るサイズとなっています。 クリアファイルに契約書など重要文書が入っていると、なんともスマートな感じがしますね。
複数の契約書や案内書、パンフレットなどを同じ封筒に封入したいのであれば、クリアファイルの併用をお勧めします。


【関連サービス】
▼オリジナルデザイン封筒を作る
両面フルカラー印刷対応。自分で作ったデザインをアップロードして世界に一つだけの封筒を
▼封筒に直接宛名印刷!発送作業の手間を大幅に軽減!
タックシール作り&ラベル貼りにさらば。封筒に直接宛名印刷で、発送作業を簡略化&丁寧に
▼[事例紹介]アイドル封筒でミラクル自己PR術!
手渡しのコミュニケーションツールでファン拡大。グッズ的価値も。活動の幅を広げる封筒
▼用途から選んで作る
デザインを作るのが難しい人に、プロのデザイナーが用途をイメージしてデザインを作成


つながるプリント.com amazonストア